トップページ

このブログは

  1. 南河内在住の筆者が、大好きな南大阪と南河内を紹介します。
  2. 筆者の好きな情報を趣味的にアップしていきます。

この二つがこのブログの目的です。南大阪(堺・泉州・南河内・大阪市内南部)は本当に魅力たっぷりです。

南大阪は大変、歴史が深いエリアです。日本の神話の中の舞台になっています。古代には大王や豪族の墓として古墳が無数に作られました。そして飛鳥・奈良とともに日本で重要な地域となり、聖徳太子などのゆかりの地となります。そして中世になると武士が生まれてきます。源頼信ら河内源氏は鎌倉幕府の初代征夷大将軍(鎌倉殿)である源頼朝の源流にあたります。南北朝時代のステージとなり、楠木正成などが活躍します。また大規模な灌漑がおこなわれ、農業生産は増す一方で、自治都市として堺の街が繫栄します。戦国時代には織田信長とその対抗勢力のぶつかり合いの舞台となり、この戦火で多くの寺社などの歴史的建造物が失われました。江戸時代には天下の台所である大坂の後背地として数々の農業、産業生産物が定着してきます。また、大和川や淀川の付け替えなどが行われ、大規模な土木・治水事業が行われました。

南大阪は重層的に歴史の物語を重ねてきた地です。その時代時代に全国的な意義を持つ出来事にからんだり、それそのものがこの地で起こり、その出来事に関しての無数の物語が同じような地域に積み重なってあります。そのため、人々は長い歴史と隣り合わせに暮らしてきている地でもあります。今現在、住んだり、働いている場所のすぐ近所に1000年をゆうに超える小さな史跡があちらこちらにあったりする。それが南大阪です。そのことは、歴史好きの人でなくても癒しをあたえてくれているように思えます。

私たちが悩んだり、悲しんだりするとしても、悠久の歴史をきざむ地の木立を眺めながら同じように悩んだり悲しんだりすると、また違うように思えるのです。

カテゴリー

最新の投稿

南大阪エリア(堺・泉州・南河内・大阪市内南部)の道路の愛称、地元住民の呼ぶ略称
どこの地域でも地元住民が名付けた幹線道路の略称ってありますよね。南大阪エリアでしたらサンマルキュウ(国道309号線)とかソトカン(外環状線)とか。堺・泉州(和泉)・南河内・大阪市内南部エリアの主な幹線道路の略称を紹介します。
叡福寺(えいふくじ)紹介 聖徳太子のお墓を守る寺院 大阪府太子町
大阪府太子町にある叡福寺は聖徳太子の墓を守るお寺として有名です。竹内街道から少しそれたところにあります。広い敷地に数多くの史跡が残っており、ぜひ訪れていただきたい旧跡です。施設の多くは織田信長の兵火によって焼かれた後、再建されました。
大浜公園(おおはまこうえん)・旧堺灯台 散歩と案内(大阪府堺市・南大阪)
大浜公園は明治12年(1879年)に開園し、かつては日本屈指の海浜レジャー公園でした。堺台場跡やラジオ塔など歴史遺物が豊富で、一等三角点がある山で日本一低い山もあります。明治時代に設置された旧堺灯台が現存しています。
葛井寺(ふじいでら)散歩(大阪府藤井寺市)
葛井寺(ふじいでら)は7世紀に古代渡来人氏族の氏寺として創建された大変古い寺院です。本尊は725年に作られたと伝わる国宝に指定されている千手観音菩薩坐像で、本当に1000本の手が表現されているのは日本では珍しいとされています。
南河内とはどこらへん? 大阪府の南東(右下)です。
南大阪というと「大阪の南の方」とイメージできるのですが、南河内となるとなかなか思いつかないですね。大阪府の南東部になります。大阪府の東側(右側)を南北に(縦に)長いエリアが河内で、その南がわが南河内です。
南大阪とはどこらへん?ー大阪府の南半分です。
南大阪とはどのようなエリアでしょうか? 位置としては大阪府の南半分です。大阪府下を東西に走る中央大通(地下鉄中央線)が一つのさかいめと考えられます。府下の自動車のナンバープレートの区分、広域行政の区分も紹介します。

タイトルとURLをコピーしました